令和3年度 つくばソサエティー5.0社会実装トライアル支援事業最終審査会の総合司会を務めさせて頂きました

「 令和3年度つくばソサエティー5.0社会実装トライアル支援事業 最終審査会 」で 今年度も総合司会を務めさせて頂きました。 

最終審査会では 提案者のプレゼンテーションから結果発表まで、YouTubeチャンネルから リアルタイムで配信致しました。

午後1時50分〜午後5時50分という長丁場でしたが、素晴らしいプレゼンテーションと質疑応答、そしてスタッフのチームワークと連携で 4時間という司会も あっという間に感じました。

つくば市では、平成29年度から「 世界のあしたが見えるまち 」というヴィジョンの下、

革新的な技術やアイデアで社会課題を解決する「 ソサエティー5.0 」の社会実装に向けたトライアルを全国から公募し 優れた提案を全面的にサポートしています。

5年目を迎える今年度は、「 ソサエティ5.0 ×SDGs”環境・脱炭素テクノロジーで持続可能な社会へ 」をテーマにした「 課題設定部門 」と VR技術の進展に繋がる提案を募集する 「 VR部門 」。そして「 フリー部門 」を募集しました。

今回は全国から17件のご提案を頂き、一次審査を通過した12件の提案の中から、最終審査会で今年度のトライアル案件として 6件を決定させて頂きました。

革新的なテクノロジーの活用や 先端かつユニークなビジネスモデルのプレゼンテーションが次々とプレゼンされていきましたが プレゼンターが若い学生さんからベテランの事業者までと、幅広い点も素晴らしいと思います。

審査員の先生方も 様々な分野のエキスパートの方々ばかりでしたので 時には鋭く、時には なるほどという ご提言やアドバイスもあり プレゼンテーションの方々も非常に勉強になった面があったようでした。

今回も非常にレベルの高い 多様なアイデアが熱く繰り広げられた中で 最終的に採択された6件は社会の未来を明るく照らし、大人も子供もワクワクするものばかり!

司会をしながらも 研究学園都市のつくばから新しい技術がデビューする瞬間を見守りこれからも 応援していきたいと強く感じました。

最後に・・・

この配信が無事終了した直後に 涙をこぼしたスタッフがいました。初めてこの事業に参加し、本当に一生懸命 今日この日のために頑張ってきたスタッフです。

オンエアーが終わった瞬間、気持ちの張りがふと 途切れたのでしょう。一生懸命頑張った人の涙に、私も胸がいっぱいになりました。

こういう素晴らしいスタッフや 職人のようなテクニカルチームとご一緒させて頂けた事・・・私は本当に幸せです。ありがとうございました。

下記は最終選考で配信したYouTube動画です。

宜しかったら どうぞご覧ください。


詳細は、つくば市公式ホームページをご参照ください。